2018年10月5日金曜日

入試研究会に出席してきました!!

こんにちは!学習塾FLAPS本厚木校の佐藤直紀です!

台風が次々きます。
体調不良の声もちらほら…手洗いうがいを徹底してください!

â– 
他の校舎ではインフルエンザで欠席の連絡もでているみたい!要注意!

中学生は定期テストの真っ最中です。

厚木中
海西中
相川中
睦合東中
南毛利中
東名中
玉川中

お疲れ様でした!

今回のブログでは、校舎の常駐講師3人で出席した2018年度入試の研究発表会についてお伝えです!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


新横浜で行われた入試研究会では、
昨年の中3生がのぞんだ2018年の神奈川県の入試問題分析、結果分析の報告がありました!

是非受験生とその保護者様以外にも知っていただきたい内容があります!


①あいかわらず、基礎でも応用でもない活用問題が全科目の中心


・学校で習った基礎問題、発展した形式の応用問題に対して、パターンの分析をして準備することができない問題のことを活用問題と呼んでいます。
(例えば、国語の問題に社会の資料読み取りが入ってきたり、英語の読解問題にクーポン券を使って買い物をする計算問題が入ってきたりする教科横断型の問題や、教科書にでてこない実験やパズルだが、これまでの知識を生かして結果を推論する問題が活用問題です。)

〇●FLAPSはこう解決する●〇

模試問題に繰り返し取り組む必要があります。が、そこに落とし穴!!ただ闇雲にたくさん解いても勿体ないよ!!!
記述形式や、超長文読解とよばれるような、手順を2~3つこなしてようやく答えにたどり着く問題が、この活用問題とよべるでしょう。

練習、準備のポイントは・・・・


ズバリ!どのステップでつまずいたのか整理する作業!

例えば、
「連立方程式で間違えてしまった!」
という生徒なら、「連立方程式のページを復習しよう!」にSTOP!をかけましょう。

連立方程式に起こりえるのは…
1・立式のミス
2・計算のミス
 ①正負の数 ②文字式 ③分配法則 ④代入
3.単位等答え方のミス

というステップに分けるくらい、生徒自身で分析が可能です。

そのどの部分でミスが起きやすいのか、理解が足りていないのかリスト化しましょう。

どこを特訓するべきか判断するのは、それからです。


活用問題こそ、プログラミングのように解答から逆算したり論理的に思考する問題です。
★ステップに分けて組み立てる意識
★苦手なステップで注意する意識
★自分の知識の抜けを探す意識 
を身につけておきたいです。

本厚木校の行うテスト対策Dチャレ!では、プレテスト管理シートを用意しています。

生徒自身で単元テストを繰り返し行い、状況を分析するためのワークシートです。


期末テストと次の模試までに、研究会の内容を踏まえて構成を改善しておきます!!

のばせ自己分析力!!
マッドサイエンティストのイラスト




②読解力、足りてますか。

神奈川県の公立入試の特徴のひとつ。とにかく文字数が多い。

全国屈指の文字数!という報告があるくらい、とにかく読ませる神奈川県。
作業力や論理力ともとれる力が、読解力です。たくさん読んで素早く理解する能力が必須です。


国語の力、という印象を強く受けますが、それ以外の教科にも、読解力の差は点数の差として顕著に現れます。
長い問題文を整理することができない。もしくは、知らない言葉が出てきた時点で読んでいない。最悪の場合、「はい、おれには関係ないやつぅー。」という放棄。

求められている知識はさほど多くないにも関わらず、やはり長い文章題になると手がとまり、スキップもしくはあてずっぽ。そんな結果が出ているようです。

これには会場中で、同意して首を縦にふる講師がたくさんいました。

僕自身、あきらめのやたら早い中2のMHちゃんが脳裏をよぎって、いや、頭の中で両手でピースしてました。あの子は解く力はあるのにすぐあきらめる!!!(最近変わってきた)

〇●FLAPSはこう解決する●〇

さて、読解力不足は、単純な読書不足でしょうか?本を少しずつでも読めば解決するのでしょうか…?

…ある種のあきらめ癖が抜けない
…いわゆるチャレンジ力不足…書かれている内容の状況整理の反復練習…
小説を読むことよりも効率的な…「情報整理」の学問は他にないものか…






お。


あった。数学と英語の出番だと思います。
読解力不足の対策として、FLAPSでは



…続きは、GOプラ!と保護者会にて!!

だから、フラップスはプロ講師担任制!!事情がわかるからこそできる指導があります!!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ただただ問題を解いときゃいいってもんじゃない。
「解説読めばOK!」とは言えなくなっているのが神奈川県の公立入試です。

学校との協力なタッグを組む必要がある。

学校の定期テスト問題をのぞかせてもらうと、各中学校の先生たちの想いが見え隠れします。指導要領と本当の知識活用力のはざま。一緒に戦っていきたい。そんな気持ちです。


イベントのお知らせです!

10/20に、
〇小学生対象 ドリームプランニング
〇中学生対象 合格プランニング

11月に
〇中学進学前の保護者会

を行います!それぞれ内容、詳細は次回以降のブログにてお伝えさせていただきます!

季節の変わり目、風邪をひかないように過ごしましょう!


0 件のコメント:

コメントを投稿